【海外旅行】ニューヨークでスリに遭いました。事件等に巻き込まれた時の対処法【海外送金】④

はろーっ、アーリーです!新しい年も明けまして、あっという間に1月中旬です。大人になると毎日が単調で時が経つのが早く感じてしまうそうです。なので、新しいことを嫌がらずに常に変化を恐れずに過ごしていると、充実感のある日々が送れるとのことでした。本当かしら、、?でも確かに前年度は色んな新しいことにチャレンジしたので濃厚ではありました。ほんの4ヶ月しかいなかっった白馬での思い出は深くどこを思い出しても、すごく前のことのように感じます。もしかしたら一理あるのかもなあ、と実感しております。

ニューヨーク事件のおさらい

トートバッグに入れていた貴重品(パスポート、財布、現金、IDカード、クレジットカード、、、)全てをすられた話です。覚えていますか?本当だったら2箇所くらいに分けて持っておくべきものをその日の早朝にまとめたことにより全てを一気に失うことになりました。

おかげで今は笑い話にもなっているし、海外旅行に出向く友人には必ず注意喚起の意味も込めてこの話をします。大抵は、共感してくれるし気をつけるよ!と再度気を引き締めてくれます。それだけでも、私の体験したことは無駄じゃなかった、、まあケガもしていないし命に別状もないので良しとしましょう。

今回、シェアすること

海外送金の方法をお伝えするつもりでした。その時にWestern Unionという送金サービスがあり、それを利用しました。(一文無しだったため、カナダの友人からと、日本の家族から送金してもらいました。)記憶が曖昧なのですが、受け取りの際は銀行口座などは不要でした。必要なものは

・写真付きの身分証明証
・送金者からの秘密の暗号

以上の2点で、しかも小さな雑貨屋さんのようなところで現金を受け取ることが出来たのです。残念ながら細かいことは覚えていないので、定かではないですが、銀行口座を持っていなかったのは確かなのでその時は上記の2点のみでした。

実際に送ってくれたのは友人と母なので、送る側のフローはわからないのですが、調べてみると案外簡単でした。ただ、少しやり方は違うようですが、、簡単にご紹介します!

こちらから送金する方法

私が見つけたのはオンラインです、現在ではオンラインバンキングを使っている方も多いと思うのでこれが便利かと思います。これはウェスタンユニオンの場合なので他ではまた少し違ってきますが大きくはこの様な感じだと思います。ほんとは銀行口座なしの方法を見つけたかったのですがどうしても見つけられなかったので次までの宿題としまして、今回はご容赦ください。。

まずは、オンラインなので登録が必要!!

 

1. プロフィールをつくる

オンラインで新規登録が簡単にできるみたいです。以下の情報が必要です。

  • 氏名
  • 本人確認情報
  • 住所
  • 電話番号/メールアドレス
  • 生年月日
2. 本人確認と住所の確認

初めての送金では、以下の身分証明書のうち2つ以上の画像をアップロード。

日本国籍の場合:
– パスポートまたは運転免許証
– マイナンバーカードまたは個人番号記載の住民票(発行から6ヶ月以内)

外国籍移住者:
– 在留カード
– マイナンバーカードまたは個人番号記載の住民票(発行から6ヶ月以内)

初めての送金は、プロフィール情報が本人確認書類の情報と一致し、本人確認が撮れている必要あり。

2回目の送金では、住所に送付される4桁のPINを入力して、住所を確認ができます。本人確認が完了したら、確認メールが来る。2回目以降は少し手間が減ります。

3. 送金の準備完了!!

シンプルなので、割と簡単にできそうです。どこにも出向かなくて良いのは便利ですね。私の家族はどうやら銀行に出向いてくれて、送金してくれたので大変だったと思います。ほんとにありがとう。。

実際の送金(銀行口座・モバイルウォレットのみ対応)

さあ、そしてここからは私もやったことないのですが、サイトなどを参考にしてまとめてみました。こう書いていると結構簡単ーーーと思ったのですがどうでしょうか?実際やってみると、また難しい点とか出てくるのかもしれませんが割とシンプルです。これだけで海外送金できるなんて、、すごい世の中です!

 

1. ログインまたは登録
登録がまだの場合はプロフィールを作成およびオンライン送金の方法を確認する。

2. westernunion.comで送金を開始
– 送金国と送金額を入力
– オンラインでの送金方法を選択。インターネットを経由して自分の銀行口座から、またはATMを使って自分の銀行口座から送金可能。
– 支払方法の選択。現金、銀行振替、また、一部の国ではモバイルウォレットも選べるようです。

3. 受取人の詳細を入力
– 銀行振替で送金する場合、受取人の銀行名、口座番号が必要(これは銀行口座がないとできない。。)

4. 代金を払って送金
– 送金を実行(この時すべての情報等が正しいか再度チェックしましょう!!)
– 送金管理番号(MTCN)を記載した確認メールが届く。番号を送金状況の確認時に必要です。

おそらく、私の親世代ならできる人とできない人が分かれるのではないかと思います。私の母は割と何でも新しいものを取り込むのを楽しめるタイプなので大丈夫ですが、おそらく父は無理です。。笑

今度はもう少し簡単な方法を見つけておきます。。

他にもまだまだサイトが有るようです!

今回は調べきれなかったので、私が実際にお世話になったサイトのご紹介でした。

実際にはもっと簡単な方法、特にセブン銀行などは私の友人の外国人もよく使っていると聞くので、その辺ももう少しきちんと調べてみてシェアしたいと思います。

次回こそ、人のためになる情報をシェアしたいと思います。。

ではでは、またねーっ!