[京都]コロナ自宅療養者への手厚い支援!想像以上に京都は頑張っています!

しばらく更新が途絶えたというか、遅くなっていましたが実は最近流行りのコロナにかかっていました。本当に大流行りですね。アーリーは一緒に住んでいるのにまさかの陰性。もしかしたら既にかかっていて、無症状だったのかもしれません。

ただ私の場合はしっかり症状がありました。熱も39.3℃まであがって、、とそれなりに大変。今日は私のコロナ実体験まとめ。このご時世、病院に行くのも大変なのでそのあたりの事や、京都がどんな支援を自宅療養者に行っているかを紹介したいと思います。

バード
バード

今日の記事もぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

私の場合はこんな症状がありました

コロナと言っても人によって症状は様々。無症状の場合もあればICUに入る人、味覚/嗅覚障害が残る人もいるそうですよね。なので実体験として私の症状を簡単に紹介。

ちなみによく言われる、咳や喉の痛み、鼻水は全くなかったです。鼻詰まりは少しあった程度でした。

発症1日目

1番辛かったのは頭痛と全身の痛み。インフルエンザになると筋肉痛みたいに全身痛みませんか?それと同じように、コロナの場合も全身のだるさ、痛み、そして1番ひどかったのは頭痛でした。

最初は体のだるさも少ないというか、痛みが強かったのでただの筋肉痛かと思っていました。2人とも休みだったので、朝からアーリーに背中のマッサージをしてもらってみたり。この時はまだコロナとも思っていませんし、自分が風邪を引いたとも思っていませんでした。

いつもはアーリーが寒がりで私はとっっても暑がり。ですがこの日は私が「今日は寒いねー」なんて言っても、アーリーは「ここ最近ではあったかくない?」といつもとは逆!

このちょっとした違和感と、体の痛みがあったのでまさか、と思いつつ熱を測ったら38.0℃。その日のお出かけ予定を変えて1日家に引きこもることに。ただ、昼過ぎに38.0℃だった熱も寝る頃には37.6℃まで下がっていたのでやっぱりただの風邪かーと思いながら寝ました。

発症2日目

前日のこともあり、朝起きてすぐに熱をはかりましたが37.1℃。微熱ですがあまり気にするほどでもない。ただ頭痛と全身の痛みは相変わらずでした。

この時点ではただの風邪かなーと思っていました。ただ、時期が時期なので念の為病院に行くことに。そこで初めて知ったのですが、今は熱があると受け入れてくれないクリニックや内科が意外と多い。診察できる病院でも予約待ちでいっぱいで、6つ7つの病院に電話しましたがどこも当日診断してもらえるところは見つからず。京都のコロナ相談センターに電話してなんとか当日診断できる病院を見つけました。このあたりの京都の行政の対応は、後ほどまとめて書きたいと思います。

朝は微熱だったのですが、お昼前に熱をはかると39.0℃まで熱が上がっていました。体温がジェットコースター。夕方17時過ぎに病院に行った時には39.3℃と、今回の最高を記録しました。

PCRではなく抗原検査でコロナ発覚

PCRと抗原検査がどう言ったものかの詳細は一旦置いといて。簡単な比較

検査してから結果がわかるまで
PCR:早くとも1日半
抗原検査:10分後

正確さ
PCR:症状の有無に関わらず信頼度高め
抗原検査:発症して24時間経っていないと信頼度低い

この2点が大きな違いかと思います。無症状含め、コロナにかかった人を調べようと思ったらPCRではないと陰性/陽性の判別が難しいそう。ただ症状が出て24時間経っていれば抗原検査もPCRと確度はほとんど変わらないとお医者様が仰っていました。

私の場合はしっかり症状があったのでPCRではなく、抗原検査で検査してもらい、陽性が判明。病院で10分待っているだけで結果がわかりました。

発症3日目

3日目はもらった薬のおかげか熱はそこまでひどくなく、高くとも37.1℃でした。ただ相変わらず頭痛と全身の倦怠感が残っていました。

1日目、2日目もそうですが食欲はいつも通り。なんなら家にずっといたので、起きている間はズーーっと食べているほどでした。

発症4日目

この日は解熱剤を飲んでいなかったからか、前日よりも少し熱が上がり、1日中37.4℃。熱がある状態に慣れすぎてか、あまり熱のよる倦怠感はありませんでした。このあたりから症状の記録も曖昧なのですが、確かまだ頭痛があったと記憶しています。

発症5日目〜10日目まで

すっかり症状も無くなり、隔離があけるまでの自宅待機期間。自宅から少し仕事もしたりしていましたが、基本的にはYoutubeやNetflixを見て過ごしていました。

コロナの意外な症状

京都のコロナ担当部者に電話した際も、お医者様に診察してもらった時も1番聞かれたことが腹痛等のお腹関係の症状。コロナ全体なのかオミクロン特有の症状なのかはわかりませんが腹痛が多いようです。それを聞いて、職場で少し前に、腹痛で早退した人が2人いるので、もしかしたらコロナにかかっていたのでは?と疑ってしまいました。検査をしていないのでわかりませんが、これだけ流行っていると誰が感染していても不思議ではないですよね。

行政の対応

さてここからが今日の本題。京都の行政としての対応。京都府なのか京都市なのかわかりませんが、東京の友人に聞いた話と比較して、京都はとっても頑張っているなと感じたので紹介させてください。

気合の入った地元の支援物資

私は当然のことながら、症状が無いアーリーも濃厚接触者なので2人とも自宅隔離。なので買い物にもいけません。そのため京都から段ボール1箱分の支援物資が送られてきました。

あまりの驚きと嬉しさでフロアに並べて写真を撮ってしまいました。基本的に全て地元、京都の商品です。まだ食べていないものもありますがどれも本当においしかったです。

こういった、普段は食べないものなんかも食べれて少しお得な気分。写真左上の丹波のキーマカリーは本当に美味しかった!お礼ではないですけど、今度自分で買ってまた食べたいと思います。

東京の友人に聞いたところ、レトルト食品やお菓子ばっかりでもらってもあまり食べたいものがない、と言っていました。なのでその点、京都の支援物資はどれも実用的かつ美味しいので地域によって支援物資にはかなり差がありそうですね。自分の住んでいる地域の支援物資を調べてみると面白いかもしれません。

「きょうと新型コロナ医療相談センター」

熱が出て病院を探しているとき、自宅近くの病院をいくつか電話したのですが、どこも熱のある患者を受け入れていないか、予約がいっぱいで当日の診察はできないところばかり。

どこの病院/クリニックなら診察ができるのかわからなかったので

「きょうと新型コロナ医療相談センター」
075-414-5487

こちらに電話して、熱があっても見てもらえる病院を紹介してもらいました。紹介といっても病院を直接、予約してもらったり紹介してもらうわけではなく、対応できる病院一覧が載っているウェブサイトを紹介してもらうというものです。

紹介してもらったウェブサイトはこちら

この中の病院から、電話して2つ目か3つ目の病院で当日の午後、診ていただけることができました。

遅れて届く支援物資

先ほど写真で紹介した支援物資。たくさんの地元の商品で中身も美味しくとっても満足なんですが、自宅に届いたのが隔離が終わったあと!隔離明けの翌日に家に届きました。なので隔離中、買い物に行けないから、支援物資を送るという趣旨の支援かと思うのですが、到着が隔離明けということで本来の目的には使えませんでした。

ただ、私の隔離が終わっても、実は濃厚接触者のアーリーはまだ隔離が終わっていなかったので、アーリーが無事?買い物に行けない間の食事として使えました。

私は隔離明け、アーリーの隔離も終わるまでの数日間ホテル暮らしをする予定で、食料だけ買って送り届けようかと思っていたので、その手間が省けたのはラッキーでした!

支援物資を担当している行政職員の方、本当に有難うございます!

保健所の方々もとっても頑張っています!

全国で感染者が急増して、京都含む関西エリアでも「まんぼう」こと蔓延防止措置法が出ました。それほど感染が広がっているので、最前線の保健所はもうてんやわんやかと思います。

自動音声通話による体調管理

私が病院でコロナと診断されてから、保健所から連絡が来るまで4日間ありました。実は保健所から連絡が来た時にはもうすでに、症状はなかったのですが自宅隔離が終わるまでの間は、自動音声通話による体調記録をしなければいけないとのこと。しかも1日2回。

通常は診断された翌日、翌々日に連絡が来ると聞いていたのですが、4日間もかかったということは、おそらく職員の方々もそれだけ忙しいとうことでしょう。

体調記録というのもとっても簡単で1分ちょっとで終わります。電話で番号を入力することで体温や、症状の有無を答えていくというものです。1人暮らしの方にはこういった記録の連絡があるだけで、もしも、の事態を防ぐ効果もありそうですね。

今日のまとめ

・コロナにかかってしまいました。

・私の場合は頭痛が1番の辛かったです。

・熱もしっかり39.3℃

・症状としては腹痛が流行っているそう。

・感染者よりも濃厚接触者の方が隔離期間は長くなる。

・京都の支援物資は到着遅いけど中身はしっかりしている。

・保健所の職員さん、本当にあるがとうございます。

私の実感としては、コロナは風邪以上インフルエンザ未満といった感じでした。オミクロンが流行り始めてからは、コロナはただの風邪という風潮が以前にも増して増加傾向にあるかと思います。風邪といえばただの風邪かもしれませんが、風邪の中ではかなりきつい部類に入ると思います。もちろん個人差はあるかと思いますが。ただしんどさはインフルエンザの方が上でした。

同居で濃厚接触だとどうしても隔離期間が長くなってしまうので、家族がコロナになってしまった家庭は大変かと思います。アーリーもその後PCRを受け検査結果が陰性のため隔離が終わり、今は2人とも日常生活に戻っています。ご心配いただいた方、ありがとうございました。

というわけで、私のコロナ体験談は終わり!最後までお読みいただきありがとうございました!ではっ。

バード
バード

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!ではっ。

クリックで応援 ブログランキング参加中