嵐山の花灯路に行ってきました!2021年今年が最後のライトアップ[てくてく京都]

おはようございます!バードです。

昨日から、ちらちらと雪が降っている京都です。12月の中旬で雪が降るというのは珍しいのではないでしょうか?雪が積もった中でお寺や神社を撮るチャンスがあればいいなーと期待している今日この頃。アーリーは驚くほどの寒がりなので、雪でもあまり喜んでいないようです。

今日はタイトルにある通り花灯路!先日先日2人で行ってきたので、写真メインで色々紹介したいと思います。

まずは写真を見てください。

冬の渡月橋のライトアップは今年が最後。。今後は春の桜の時期のみライトアップされるそうです。

この時期の橋は、左側一方通行になっていました。逆走注意です。

ライトアップが始まるのが5時からなのですが、5時ちょうどぐらいの方が、7時ごろと比べると人が少ない印象でした。平日に行ったので、週末は反対に5時ごろの方が多いのかもしれません。

先週末に嵐山に行った友人に写真を見せてもらいましたが、私が行った時と比べて圧倒的に人が多かったです。

この辺りが撮影スポットになっているようです。皆さんこの辺りから、渡月橋と山のライトアップを撮影していました。ベストスポットから撮影するために5時前から撮影場所を確保している人もちらほら。この辺りは三脚の使用Okayです!竹林の方へ行くと三脚の使用はできませんので注意してくださいね。

NAKED, INCとコラボしていました。

今年だけなのか、毎年コラボしているのかわかりませんがNAKED, INCとコラボして嵐山を綺麗にライトアップしていました。

例えばこの提灯!

色は2色から選べて、写真にある黄色い提灯と濃いピンク色から選べます。私たちは黄色をチョイス!

提灯を持って写真撮影するだけでなんだか綺麗な写真が撮れた気になれます。本当は提灯の下に綺麗な模様が出るそうなのですが、今回レンタルしたものはあまり綺麗に模様が映りませんでした。残念。

ちなみにこちらの提灯はレンタル式で、1つあたり500円でレンタルでき、時間の制限はありません。

提灯の灯りで参加する光のアート

提灯と連動して自分たちでライトアップさせられるスペースもありました!提灯がないとこのギミックが楽しめない、、かというとそうでもなく、他に提灯が持ってる人がいると思うので、その方がこのギミックを作動させる時に一緒に楽しめます。とはいえ自分で提灯を持っていた方が楽しめますね!

これも提灯で作動するライトアップです。音楽に合わせてライトアップされた映像が動くので、ご家族でいらしていた方達はお子様が嬉しそうに楽しんでいました。

竹林の散策路でもNAKED, INCとコラボ

こちらが竹林の散策路。改めて写真で見ると、そんなに混んでいないですよね。もっと人がいると思って行ったのでちょっとびっくりでした。

こちらではDANDELION PROJECTという参加型のイベントをやっていました!

こんな感じでスタッフの方に写真を撮ってもらえます。

事前にスマホでQRコードを読み込んで、名前を打ち込むと足元の花の部分に名前が表示されます。

人がとても多く、後ろにたくさん並んでいるのでスタッフさんも人を捌くのに大忙し。写真も撮るのも流れ作業のようにあったいう間に終わってしまいました。中にはピントが合っていない写真もあって少し残念。とはいえみんなここで記念撮影したいだろうし仕方ないですね!

こちらは足元の映像をズームしたもの。とっても細かいですよね。この映像だけでも綺麗。もっとゆっくり楽しめたらなーと思いつつ次のエリアに移動しました。

他にもNAKED, INCとコラボしているのでぜひ嵐山でチェックしてみてください。

竹林の小径ライトアップ

嵐山といえば竹林の小径、というぐらい竹林が有名ですよね。もちろんこちらでもライトアップはありました。

こんな感じで青色にライトアップされたところが所々ありました。個人的には青色のライトアップは少し苦手。

やっぱりシンプルなライトアップが1番綺麗な気がします。

周辺の施設も夜間の特別拝観をしていました。

こちらは法輪寺の入り口部分。今まで嵐山に何度か行ったことがありましたが、法輪寺に行ったのはこれが初めて。

紅葉の時期にここに来ればよかったと少し後悔するぐらい、ここは雰囲気と景色が良かったです。

そしてお寺の上まで登ると嵯峨嵐山の街並みを一望することができます。嵐山観光で少し時間が余った時は法輪寺へ行くことをお勧めします。

渡月橋 花灯路は今年が最後!

財政難やコロナの影響もあり今年が花灯路は最後だそうです。詳しくはこちらから↓

[2021]渡月橋ライトアップが今年で最後[嵐山花灯路]

今日のまとめ

・花灯路の写真をシェア!

・花灯路開催は12月19日まで。

・今年が最後の開催。

来年以降は渡月橋のライトアップが見られるのが春のみと寂しくなってしまいますね。また今後も京都の有名観光地から穴場観光地まで、お気に入りのスポットを紹介していきたいと思っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!ではっ。