留学中に車を4万円で買って20万円ぐらいで売りました[NZ留学]

おはようございます!バードです。

最近、仕事での対人関係で悩みんでいます。昔に何かで聞いた話によると、人間の悩みのほぼ全ては人間関係だそう。確かにそうだなーとしみじみと感じる日々が続いています。ストレス発散も兼ねて海外旅行行きたいなーとアーリーと話している日々。まだまだしばらくは行けなさそうですが、、。

ということで今日は海外の話しをしたいと思います!タイトルの通り海外で車を買った話しです。実は私は日本ではバイクしか買ったことがなく、日本では車を持ったことはありません。初の車を海外で購入した、ということになりますね。

今日の記事で伝えたいこと

車を買うのは意外と簡単!国や地域によってはあったほうが絶対便利!
安く買って高く売るコツ!

上記の内容を伝えられるようにまとめました!では本編です。

はじめて買った車はニュージーランドで日産のウイングロード!

ニュージーランドで買った車 ウイングロード

こちらが私が乗っていた相棒です!

写真を見返して気が付いたのですが、車を撮っている写真はこの2枚しかありませんでした。もっともっと撮っておけば良かったとちょっと後悔、、。2枚ともワナカ(wanaka)という町周辺を旅行している時のような気がするのですが、、あまり覚えていません。

ニュージーランドで車はいくらで買える?500ドルの車は怪しい!?

タイトルで4万円と書きましたが実際はもっと安いです500NZドル!今のレートでも4万円切っていますが、当時はもっとレートが良く、正確には覚えていないのですが35,000円以下だったと記憶しています。

長くなるので要点だけ先に書いてしまいます。

①掲示板で2,000ドルで売りに出てるウイングロードを見つける。

②売主に連絡を取って家に行き、車を実際に見せてもらう。

③異常を発見。修理してもらえるか聞く。

④修理はしないけど、修理代金分の1,500ドル引きで売ってもいいよ。

⑤無事に500ドルで購入できました。めでたしめでたし。

ということで詳しく書いていきます。

① 掲示板で2,000ドルで売りに出てるウイングロードを見つける。

実は私がニュージーランド留学中に買った車は、2,000ドルで売りに出されていました。ニュージーランドでは車の個人売買がかなり活発です。この車も個人の方から直接購入しました。

掲示板で売りに出されているのを見てその方に連絡したところから取引が始まりました。あ、ちなみに掲示板というのはネットの掲示板ではなく、本当に掲示板です。街の角に立っていたり、集会所の中にあるようなリアル掲示板。いまどきリアル掲示板使う人はなかなかいないですよね、、。

バード
バード

何十年前の話だよ!と思うかもしれませんがスマホも普及しているつい数年前の出来事です。

②売主に連絡を取って家に行き、車を実際に見せてもらう。

2,000ドルで売りに出ているウイングロードを見て、安いしまずは連絡をしてみることに!掲示板に電話番号が書かれているので、まずはメッセージを送りました。幸いにもまだ買い手は見つかっていなかったので、まずは1度見せてもらおうと売主と予定を合わせてお家まで伺いました。

③異常を発見。修理してもらえるか聞く。

見た目は綺麗だし一目見ただけでは何も問題がないように思いました。しかし!エンジンをかけると異音が。

売主は、異音がするままの状態で500キロぐらい走っていたけど何も問題がないと言っていました。が私は車の知識ゼロ。何かあったら怖い、、。問題があったら嫌だったので、思い切って修理した後なら買いたいと伝えてみることに。意外にも売主に快く「いいよー!」と言って貰えたので、後日修理後に連絡をもらうということでその日は終わり。

④修理はしないけど、修理代金分の1,500ドル引きで売ってもいいよ。

そして売主の方は実際に車屋さんに行ってくれました!

本当は何も問題がなければ良かったのですが、やはり修理が必要とのこと。ですが修理はまだしておらず、見積もりをもらってきただけと伝えられました。併せて、今は車屋さんに修理パーツがなく取り寄せるのに時間がかかる。引っ越すから修理を待ってられない。

だから修理費の1,500ドルを引いて500ドルで買わないか?と聞かれたのです。

⑤無事に500ドルで購入できました。めでたしめでたし。

正直最初は少し怪しいなーとも思いました。修理が必要といえど500ドルで車を買ったなんて話しは聞いたことがなかったですし、今でも他にそんなに安く車を買った人は知りません。

何はともあれ、私も実際に車屋さんに直接行って話を聞いてみることにしました。直接話を聞いた方が納得できるかなー、騙されてないよなーなんて思いながらお店へ。

話しを聞いて納得した上で、結果的に修理後の車が2,000ドルで買えるならとってもお得。万が一騙されてたりしても2,000ドル。一生の思い出と話のネタになるなら安いもんだと思い修理前提で購入を決意。そして500ドルで買うことができたというわけです。

バード
バード

こうして実際にブログのネタにも役立っています!

ニュージーランドで購入した格安車の状態とは!?

車の状態ですが上記の通り、購入前に1,500ドルをかけて修理しています。

なので問題はない!と言いたいところですが4つのタイヤのうち1つ、後輪のどちらかのタイヤが減っていました。減ってはいましたが購入から約半年後に受けた車検では、タイヤの交換の必要なし!どこの修理もしないで車検を無事に通すことができました。

つまり大きな問題は一切なかったということです。

NZワーホリ中に受けた車検/WoFについて(おまけ)

私が乗っていた車は1999年製造のウイングロード。ニュージーランドでは2000年以前に製造された車は1年に1度WoF (Warrant Of Fitness)を更新しなければいけません。これが日本でいう車検です。古い車は整備チェックの頻度が、新しい車より多くあります。安全のことを考えられた制度ですよね。

ニュージランドでは走行距離が10万キロ越えも当たり前!?

ちなみに走行距離は20万キロを超えていました。詳細はもう覚えていません。自分が保有している間に2万キロ近く乗った記憶が、、?

車社会に加えて、休日があれば旅行に行っている生活でした。車なしでは生きていけない生活を送っていましたね。それこそ半日休みがあれば、ゆっくりするより近場でも旅行をしていましたね。

バード
バード

日本にいると休みの日はダラダラしがち、、。もっとアクティブに出かけなきゃとは思っています。

海外で車を安く買って高く売る秘訣は?

ここまでつらつらと格安車を買うまでの経緯を書いてきました。ここからは今日のもう1つのテーマ。どうやって購入時よりも高く売ったのかを書いていきます。

NZ留学&移民の定番サイトNZdaisuki

高く売れたからといって、特別な方法を使った使った訳ではありません。実は売り方は定番中の定番、NZdaisukiというサイトを通して売りました。

NZdaisukiはニュージーランドへ留学、移住、ワーホリを検討したことがある方ならみんな知っている。そんな定番中の定番、とっても有名なサイトです。もし初めて聞いたという方は1度サイトを見ることをお勧めします。欲しい情報は大抵、NZdaisukiで見つかります。

NZdaisukiへ飛ぶ

こちらのサイトとFacebookで車を売りたい、と投稿したところNZdaisukiで問い合わせがあり、2,900ドルで車を売ることができました。今のレートで223,300円。当時のレートだと20万円前後でしょうか。

車を買って、乗り回し、最終的にお金を少しトクをした。ということです!

バード
バード

帰国後もたまにNZdaisukiをチェックしていたのですが、私が売った車がまた出品されていました。

あまり参考にはならない注意点

今日のまとめの前に1つだけ注意点。というよりも、車を買う前の簡単なアドバイス。

車を海外で買うとき、最低価格帯に注意!

ニュージーランドで車を買う際の最低価格帯が大体2,000〜2,000ドルです。稀に2,000ドル以下もありますが大体これくらい。これらの車は普通20万キロ前後走っている車がほとんどです。車に詳しくない人にはあまりお勧めできないものです。

しかし!金銭的にこれぐらいしか買えない、という場合もあるでしょう!その際は3,000ドルの車ではなく2,000ドルの車を買った方がいい

なぜ迷ったら安い車を選ぶべき?

というのも2,000ドルと3,000ドルの車に大抵、違いはありません。見た目が少し綺麗とかはあるかもしれません。しかし性能的に見ても製造年を見ても基本同じレベル。故障して追加で費用がかかるリスクもまず変わりません。

3,000ドルの方が故障しにくい、とかはほとんどないと思ってもらっていいかと思います。なので車に詳しくないけど安い車を買う!という方は少しでも安いものを買って修理費用がかかる前提の心構えでいましょう!2,000ドル+1,000ドルの修理費で合わせて3,000ドル!これくらいはかかる心構えでいましょう。

実際に私の友人は4,000ドルで車を個人売買で手にいれた人がいます。私が知っている限りで修理費に2,000ドルくらいかかっています。つまりこのレベルの価格帯は、車に詳しい人以外は運次第です。

安い車は故障しやすい?運次第です。

旅行中に故障する友人の車

・500ドルで車を買って、1度も故障しなかった私の車。(購入時に修理済みのものを購入しています。)
・4,000ドルで購入して2,000ドル以上の修理費を払った友人の車。

実際に運転中にトラブル/故障があったのは友人の車でした。1度、実際にプチ旅行している際に完全に停まってしまったことがあります。上記の写真はその時のもの。記念に撮っておきました!今となってはいい思い出ですが、、。

海外で車を買う時の選択肢

大きく分けて海外で車を買う選択肢は

①普通に日本で買う得と同じようにディーラーで買う。
②個人売買で適切な値段で比較的新しい年式を買う。
③安い車が欲しいならとことん安い車を買って修理前提。


①が当然1番安心して購入できる反面、費用も嵩みがち。この記事を読んでいる人の多くが③の選択肢、安い車の探し方を求めてるかと思います。

安い車を買うならとことん安い車を買って修理が嵩むこと大前提!修理費が掛からなかったらラッキーと思って購入する!というのが私のアドバイスです。

安く買った車は高く売れる?

絶対してはいけないのが中途半端に安い(?)車を買ってさらに修理費がかかること。最底辺の価格帯の車を買えば売る時もそれ以下になることはほとんどありません

しかし4,000ドルで買った車が4,000ドルで売れるかというと、それは運次第。2,000ドルで買った車を2,000ドルで売る方が遥かに簡単です。

私のように買った時よりも売った時の方が高くなる!というのは残念ながらレアケース。時期を根気よく待って、交渉して、、と手間がかかることがほとんど。

バード
バード

購入時より約1,000ドル高く売れた私はラッキー!1,000ドル稼ぐための努力と思えば色々やってみる価値はあり!

今日のまとめ

・NZで車を格安の500ドルで購入!

・ただし、修理費がかかる前提!

・とはいえ、修理後に一切の問題がなく修理費込みでも格安!

・売るときは2,900ドルで売れた!

・海外で車を買うときは安い車を買って、買った時の値段のまま売れるようにするのがおすすめ!

ちなみに私は外国人から車を買って、NZdaisukiで日本人に車を売りました。NZdaisukiは日本人向けのサイトですので売買も基本は日本人のみ。英語があまり得意でないから使ってる、という人も一定数います。そのため他の英語サイトと比べると比較的売られている車も高い傾向にあると感じます。

なので車を買うときは英語サイトで買って、売るときは日本語サイトで売ると少しだけ高く売れるかもしれませんね!