WeTransfer ファイル共有やデータ送信にオススメの機能[生活効率化]

おはようございます!バードです。

今日紹介するサービスはApple端末とAndroid端末、パソコン、全ての端末でのデータ送受信を可能にするものです。

私は仕事での利用だけでなく、友人にまとめて写真を送る時にもWeTransferを使っています。というのも、他のSNSアプリを使うと写真のサイズが小さくなり、画像の質が落ちてしまうから。できれば画像はなるべく綺麗なものを送りたいですよね!

ということでWeTransferの使い方を簡単に解説していきます!

バード
バード

今日の記事もぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

クラウドサービス以外のデータ共有の選択肢

iPhoneとAndroidやパソコン等、異なったメーカーの端末同士でデータの送受信をする際の代表的なサービスはクラウドサービスではないでしょうか。

クラウドサービスは個人的に使いにくい。

パソコンをMacBookに変える以前は私もDropboxやbox、one drive、Google drive、Megaといったクラウドサービスをいろいろ試して使っていました。が、どれもシンプルなデータ移動というだけの利用には使い辛い。ということでスマホもパソコンもApple製品にして、結果、データ移動のストレスもなくなり快適になりました。

Apple端末同士であればairdropの機能はとても使いやすい。ですが、それ以外の端末にデータを送りたいときや、ビジネス上のやり取り、離れている相手にファイルを共有する際は使えないです。

そんな時にちょうど良いサービスがなくて苦労した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際私も離れている相手にファイルの共有をする際は試行錯誤していました。

その結果Dropboxやbox、one drive、Google drive、Megaとありとあらゆるクラウドサービスを試すはめに、、。

WeTransferというサービスがデータ送信のストレスを解消してくれた

そしてついに、We Transferというサービスを知り、ようやくデータ送受信の際の葛藤から解放されました。使ってみると思っていた以上にとっても使いやすいので今日はこのサービスについて紹介したいと思います。

データ社会の今、プライベート、仕事問わずファイル/写真/動画を共有する機会が増えてきています。そんな時代だからこそ、知っておいて損がないサービス。

データ共有、送受信サービス
WeTransfer について説明

冒頭に書いたようにこのサービスはデータの共有、送受信サービスです。

WeTransferの特徴、可能なこと

①会員登録不要で利用可能

②2GBまでであれば同時に複数のファイルを送れる

③ファイル形態に制限なく送れる

④送信先が最大20名まで同時に共有可能

⑤受け取り手がダウンロードした時に送信元に通知が届く

⑥サービス元が日本語に対応していないため全て英語

⑦クラウドサービスではないので長期間のデータ保存は不可

WeTransferの使いやすいポイントはこちら!

WeTransferは煩わしい会員登録が不要

個人的に①会員登録不要と⑤通知が届く というのが特に大きなメリットです。

昨今のサービスは何にでも会員登録が必要な時代。1回しか使わなかったサービスから登録した覚えのないメルマガが届くこともしばしば。

そして久しぶりにサービスを使おう思ったらログインIDとパスワードが一致しなかったり、、。こういったことが登録不要のWeTransferでは起こらない。

  • 小さなことですがサービスを利用する際にストレスなく使えることが私の中での優先度が高いです。

WeTransferでデータ共有すればお互いに通知が届く

受け取り相手がダウンロードした時に、発信元にも通知が届くシステムです。なので、ビジネスの際に相手にデータを送ったけどまだ開かれてないな、というのが通知の有無で確認できます。データの共有漏れを防ぐことができるということですね。

写真付きでWeTransferの実際の使い方を紹介

とっても簡単です。

①WeTransfer と検索 もしくはこちらからサイトへ飛べます。

②以下の画面からファイルのアップロード、メールアドレスの入力、そしてTransferボタンをタップ。

上記の画面でファイルの追加、宛先の追加ができます。

③メールアドレスに確認用コードの数字6桁が届くので入力

④終わり。たったこれだけです。

WeTransferを使ったファイルの受け取り方(写真付)

こちらはもっと簡単

①送られてきたメールからダウンロードリンクを開く

②画面左下のダウンロードから保存する

以上です。指示通りダウンロードリンクをポチポチするだけ。

WeTransferはデータの送信/アップロードが早い!

データのアップロードでイライラさせられることはなさそう

1度に遅れる最大サイズは2GBまで。なので、ものすごく大きなサイズのファイルは送らない前提だとしてもアップロードにかかる時間は早いです。少なくとも私の体感ではDropboxなどのクラウドサービスよりかは早い。

アップロードに時間がかかる、というのもクラウドサービスが私には合わなかった理由の1つでもあるのでストレスなく情報のやり取りができるのは良いですね。

WeTransferがスマホからの利用にも完全対応

上記までの画像は全てパソコンでWeTransferを利用した際のものですが、スマホやタブレット端末からもファイルの送受信は可能です。やり方はほとんど同じ、というよりももっと簡単です。

パソコンでは広告がディスプレイの約半分を閉めていますが、スマホからは必要な情報のみ表示されるのでとっても簡単です。

以下が実際に使ってみた際の画像。

改善の余地はあるけれども既に完成されたサービス

WeTransferのデメリット①日本語未対応

日本語に対応していない、とか長期間のファイル保存ができないというのが強いてあげればデメリット。

しかしファイルを選択して、アドレスを入力したら後は送るだけなので、英語がわからないと使えないというサービスではありません。

WeTransferのデメリット①長期間のファイル保存不可

ファイルのダウンロード可能期間も1週間のみですが、そもそもクラウドサービスではありません。ファイルの送信、共有というサービスであることを考えるとむしろ1週間もダウンロードする期間があるのは、充分すぎるほど長いです。airdropに近いサービスと考えるとそもそもairdropはデータ保存という機能がないですからね。

今日のまとめ

・WeTransfer というサービスの紹介

・会員登録不要でデータの共有ができる!

・使い方がとてもシンプル!

・アップロード時間が短い!

・デメリットらしいデメリットは無し!

今後もしばらくはこのサービスにお世話になる気がします。WeTransfer のサービスはとても便利なのに使っている人がとても少ない!検索件数も少ないので、知名度も今はまだあまり無いようです。今後もこういった知名度はあまりないけど本当に便利なサービスなんかを紹介していけたらいいなーと思っています。

ファイル共有、転送サービスのSend Anywhereについてもまとめています。

Send Anywhereとは iPhoneとAndroid間で写真を送る
バード
バード

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!ではっ。